離婚の慰謝料について弁護士に相談した事例

離婚を決意し実際に離婚が成立するまでには、さまざまな悩みやトラブルが起こります。

離婚問題で弁護士に相談される内容では、36歳の女性・Aさんのようなケースがめずらしくありません。
Aさんは、結婚して5年。幸せに暮らしていました。しかし、夫が職場の女性と不倫をしていることがわかり、とてもショックを受けて離婚を決意したのです。弁護士に夫の不倫を相談して離婚の申し立てをしたところ、夫も弁護士を立てて請求された慰謝料が高過ぎて支払えないと主張。そこでAさんの弁護士は相手の弁護士と粘り強く交渉を続けました。その結果、夫側は協議離婚の条件として慰謝料500万円を支払うことに合意したのです。

また、48歳の女性・Bさんの事例も離婚ではよくある相談といえるでしょう。Bさんの夫も浮気をしていました。Bさんが問い詰めたところ、夫が謝罪し「浮気相手とは別れる」と約束したので、その後も結婚生活を続けることにしました。しかし約束は守られておらず、浮気が続いていることが発覚したのです。Bさんはどうしても不倫相手を許すことができず、不倫相手に慰謝料を請求したいと弁護士事務所に相談に来られました。弁護士はBさんの代わりに不倫相手と話し合い、既婚者であることを知りながら不倫関係を続けていた責任は重いと伝えました。そして慰謝料300万円を請求したのです。不倫相手は自分の非を認め、300万円を支払うことに合意しました。Bさんは不倫相手と一度も接触せずに慰謝料の請求に成功したのです。

男性の相談例では、41歳のCさんの妻が浮気をしていることがわかり、離婚と500万円の慰謝料を請求しました。妻は離婚には同意したものの、慰謝料を支払うことを拒否。逆に慰謝料の請求は脅迫だと居直って訴訟を起こしました。直ちに弁護士が介入し、慰謝料500万円が支払われて無事に解決したというケースがありました。

結婚生活というのはバラ色の輝くような毎日…と思いきや、現実はお互いの生活習慣の違いを擦り合わせたりする必要もあるなどして、ストレスの原因となることもあります。そうしたストレスを適度に解消したり、溜めないようにお互い気を付けていれば良いのかもしれませんが、実際はそこまでうまくいかないという事例も少なくありません。

独身時代は、自分の好きな事にお金を使っていたりしたものの、結婚したら中々そうもいかなかったりします。余計なものを買ってきたと怒られたという話もしょっちゅう聞きますよね。

さらに子育てという観点からしても核家族化が進むことで子育ては昔よりしづらくなっていると考える人もいます。昔は妻が家事と子育て、夫が仕事というイメージがありましたが、近年は共働きである上に、家事や子育ても二人でするという流れになってきています。仕事についても効率が重視され、量も昔より増えている現在、働きながら結婚して子育てをするというのはかなりの能力が求められているのではないかと思われます。能力が低いと会社から疲れて帰ってきても

いざ離婚をしようという事になって、色々調べてみてもよくわからないという事があります。慰謝料がどれくらいになるのか、養育費はどうするべきなのか、それは其々の離婚事案によって変わります。最近はインターネットで調べても内容が薄い上に分かりにくいサイトが大量に生み出されてしまっています。そうした中ではいったいどの情報を信じれば良いのかもわからなくなってしまいます。重要な情報が得られないばかりか、時間の浪費にもなってしまいます。ですから、怪しい情報は信用せず、まずは専門家である弁護士に相談するようにしましょう。