FAQ

どんな時に離婚できる?

原則として夫婦どちらか一方の意志だけでは離婚はできません。離婚が成立するときは、どちらかに不貞行為があった場合、相手から悪意の遺棄を受けていたとき。悪意の遺棄というのは生活費の支払いがないや、互いの合意がない中別居を始めるや、理由もなく家出をしたり、家から配偶者を締め出して帰宅できないようにするなどがあります。ほかにも配偶者が3年以上生死不明の状態であるとき、回復の見込みがない強度の精神病、DVなど婚姻を継続し難い重大な事由があるとき、などの状況が起こった時離婚をすることができます。

離婚に応じてもらえない場合はどうしたらいい?

相手と離婚の合意ができないときは、調停を申し立てなければなりません。
夫婦の話し合いで離婚の合意ができないとき、離婚のための訴訟の前に、家庭裁判所に対し離婚の調停を申し立てする必要があります。
調停でも離婚の合意が得られなかった場合、訴訟をすることになります。

慰謝料ってどのくらいもらえるの?

条件により額は大きく変動しますが、50万~500万円が相場となっています。
不貞行為に対する慰謝料でも夫婦の婚姻期間や浮気の程度など様々な条件があり適切な慰謝料の金額は異なります。離婚原因を作った相手の経済状況によっても異なり、経済状況から支払い不可能な金額を慰謝料として請求することはできません。ちなみに慰謝料が50万円となる理由は、請求相手との収入差がなかったり、請求相手よりも収入が多かった場合などで、相場よりも少ない慰謝料となることがあるようです。